« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004の14件の記事

2004.02.28

伊福部 昭先生卒寿記念祭           (徳島・北島町立図書館・創世ホール)

本日、伊福部 昭先生卒寿記念祭に北島町立図書館・創世ホールに行って来ました。
講演で特撮映画音楽の事しか知らなかった伊福部先生の音楽への原点がほんの少し理解できたかも?。

P1000423.jpg
木部与巴仁氏

木部与巴仁講演会
日 時:2004年2月28日(土)14時から
会 場:3階多目的ホール 入場無料
講 師:木部与巴仁(きべ・よはに 作家、著書に
『伊福部昭・音楽家の誕生』『伊福部昭・タプカーラの彼方へ』等。
現在『伊福部昭・時代を超えた音楽』を準備中)
特別出演:戸塚ふみ代(ヴァイオリン)、木須康一(ピアノ)
演奏予定曲目:「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」
「盆踊り」(「日本組曲」より)

P1000428.jpg
特別出演:戸塚ふみ代(ヴァイオリン)、木須康一(ピアノ)
P1000430.jpg
北島町立図書館・創世ホール

P1000446.jpg


「伊福部 昭・時代を超えた音楽」2004年2月28日発売 2800円(税別)
注文専用サイト

『日本狂詩曲』が作曲されてから、すでに約七十年が経っている。
しかし、伊福部の曲は過去のものではない。
現代を生きる私たちは、同時代の音楽として聴いている。
まさに、時代を超えた音楽として。

日本音楽界の巨人・伊福部昭研究の精髄。
『音楽家の誕生』『タプカーラの彼方へ』に続く三部作の掉尾。

P1000447.jpg
木部与巴仁さんよりサインをいただきました。

伊福部昭 音楽家の誕生
伊福部昭 音楽家の誕生

木部 与巴仁(著)

伊福部昭・時代を超えた音楽
伊福部昭・時代を超えた音楽

木部 与巴仁(著)

合本 伊福部昭・音楽家の誕生/タプカーラの彼方へ
合本 伊福部昭・音楽家の誕生/タプカーラの彼方へ

木部 与巴仁(著)

P1000445.jpg

不気味社の「豪快な呉爾羅」シリーズのCDがホールで販売されていたので
以前から欲しかった「豪快な地球防衛軍」を購入する。\(~o~)/

怪獣大戦争マーチをくちラッパで歌うのが大好きな人、
鬱状態のときに宇宙大戦争マーチを聴くと躁状態になる貴方、
飛行機雲を見るとついラドンを連想してしまうお友達、
地球防衛軍マーチには絶対に歌詞などいらん!!と頑なな同士、
ヘリコプターに乗るとメーサー光線車マーチが脳を支配する皆様、

今回は関東より不気味社の八尋さんともお会いする事が出来ました。
最初は不気味社の方だから不気味な方かと想像していましたがとても素敵な人でした。

不気味社音楽応用解析研究所HPサイトでCDの一部分が試聴可能です。

Continue reading "伊福部 昭先生卒寿記念祭           (徳島・北島町立図書館・創世ホール)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.27

セブン-イレブン限定 ドラえもん映画25周年特製ボトルキャップ全25種

P1000456.jpg

P1000454.jpg
クリックすると拡大します。

今回もボトルキャップ仲間のトントン様に御協力いただきました。m(__)m
四国にも早くセブン-イレブン出店しないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

SFムービーセレクション エイリアンVol.2

P1000459.jpg

P1000433.jpg
NEWBORN           NEW WARRIOR        

P1000434.jpg
ALIAN QUEEN                WARRIOR

今回も10入りBOXを購入しましたがレアなUSS SULACOは
入っていませんでした。
ノーマルコンプで我慢します。
エイリアンだけ組み立ててみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

新タイムスリップグリコ ウルトラマンスペシャルディスプレイケース

P1000450.jpg

P1000448.jpg

ワンダーフェステバル2004(冬)に出かけられた
がりんだん師匠に買って来てもらいました。
グリコのサイトからも通販で購入出来ます。

新タイムスリップグリコシリーズ第3弾の中の6種類、
第4弾の中の6種類とパゴスの合計13個が収納できます。
パゴス(カラーバージョン)だけ付いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.19

MATRIX REVOLUTION/マクファーレントーイ

P1000453.jpg
MATRIX REVOLUTION MTX2-3 モーフ・イン・チェア

P1000451.jpg
MATRIX REVOLUTION MTX2-1 ネオ・ファイティング

P1000460.jpg
MATRIX REVOLUTION MTX2-5 エージェント・スミス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懐かしの蒸気機関車物語 鉄道ファンVol.1

P1000458.jpg

ジオラマ全6種、車両全3種,模型のZゲージと同スケールです。

P1000442.jpg

P1000444.jpg

機関区駐機、鉄橋走行、駅停車、給水塔前停車、ターンテーブル上、雪中走行。
全6種+シークレット1種

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

ウルトラQ ガラモン(グリーンバージョン)   トイザらス限定商品

P1000337.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.14

ハート スペースミステリー ~宇宙飛行士は見た!?~

P1000408.jpg
全6種+?

P1000409.jpg

試しに1個購入したら“?(ロズウェル墜落UFO事件)”が出ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カネボウ 酒蔵紀行 銘酒造形乃世界

P1000418.jpg

P1000416.jpg

玉乃光(岩手)  梅錦(愛媛)  南部美人(岩手)
3個購入しました。
各地の銘酒と地元の名産の肴が付いています。
なかなか造りは良い感じです。
箱の横に対象年齢:20歳以上と書いていました。(笑)

島根の李白が欲しかったな~。
あご野焼は島根に行った時の土産に買いましたが
旨いですよ。(トビウォのことを山陰では「アゴ」と呼びます。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.11

バンダイ こち亀ギャラリー

P1000410.jpg
情景編5種+バリエ違い2種
人物編5種+バリエ違い2種

P1000411.jpg
お化け煙突の思い出 

P1000415.jpg
銭湯でサッパリ!

P1000412.jpg
勝鬨橋の開いた日

P1000413.jpg
荒川線の走る町

P1000414.jpg
派出所の朝
*注((両さんの向きが管理人の好みで正規の物と逆になっています)

情景編だけが欲しかったので選んで購入しました。
残念ながら「お化け煙突の思い出」と「勝鬨橋の開いた日」のバリエ違いは出ませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

????

P1000389.jpg

なにやら怪しい箱が届きました。(謎)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.10

コナミ「絶版名車コレクション Vol.1」

P1000385.jpg

P1000388.jpg

ラインナップ
トヨタ2000GT、トヨタセリカ1600GT、日産スカイライン GT-R、
日産サニー 1200GX-5、マツダキャロル、マツダサバンナGT
6車種×2カラー 全12種
1個試し買いでトヨタ2000GTの白が出たのでこれにて収集終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンクス限定 モックキャラクタードリンク全3種

P1000384.jpg
Copyright ©2004 SANRIO CO., LTD.
Copyright©1996-2004 Sony Communication Network Corporation. All rights reserved.

モモ:パッションフルーツ味
コモモ:アップル味
ハローキティ:ハニーレモン味
各380円

あまりにかわいいので娘たちのお土産に買ってしまいました。

ハローキティの著作権は株式会社サンリオに帰属します。
株式会社サンリオのホームページ

PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
PostPetホームページ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.02.01

高松東宝4月閉館-映画の灯、消える

幼少の頃から怪獣・特撮映画を観る為にお世話になった高松東宝会館が4月に閉館です。
開業が私の生まれた1957年なので同級生を失う思いがします。
私の二人の娘が映画館初デビューしてゴジラ映画を観たのも
高松東宝会館でした。

閉館までまだ数ヶ月ありますが悲しいです。(T_T)

四国新聞の記事 2004年2月1日 09:44
半世紀にわたり県民に愛されてきた高松市田町の映画館、
高松東宝(十河貴利総支配人)が4月11日で閉館することが、31日分かった。
市中心部の空洞化、郊外のシネマコンプレックス(複合映画館)などの影響で観客数が減少したのが要因。
跡地の再開発については検討中だが、市民らからは、商店街のにぎわい創出の一翼を担い、
映画を通して夢を与えてくれた同館の閉館を惜しむ声が挙がりそうだ。
 
同館は、東宝関西興行(東京都)が一九五七年に現在地の高松東宝会館に高松東宝と洋画系の
高松スカラ座を併設し開業した。
七八年に現ビルに新装開館し、九四年には高松東宝にスカラ座を統合し三スクリーンに増設した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »