« X-PLUS ウルトラQ限定 ガメロン | Main | フィギュア王 No.89 »

2005.06.25

SW「シスの復讐」先々行に行くの巻

sw_ep3_logo.gif
Lucasfilm_copyright.jpg

映画「スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」
2005年7月9日(土)より全国超拡大ロードショー
ダース・ベイダー誕生!!遂に完結!
すべての謎が解き明かされる


本日、先々行上映で「スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」
を観てきました。
全国で約45万人動員して興収約6億円を稼ぎ、
先々行上映の歴代1位(国内)だそうです。

28年間思い入れた映画「スター・ウォーズ」の最後となる作品
をしっかりスクリーンにて見届けました。
ネタバレになりそうな感想は7月9日(土)以降に改めて
書くかも。

先日、シスの復讐の鑑賞記事を書きましたが、
諸般の事情(大人の事情)により削除いたしました。
関係各位の皆様にご迷惑をお掛けいたしました。
反省いたしております。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…

アナキンがいかにしてジェダイのライトサイドからダークサイドに
堕ちていく過程が見所です。

他のエピソードと比較するとエンディングは絶望的な暗さです。
しかし、見事にエピソード4 /新たなる希望につながります。
これにて壮大なはるか彼方の銀河系での物語の
全6作品は遂にひとつとなりました。

1978年の「エピソード4/新たなる希望」日本公開から27年、
スター・ウォーズファンを続けてきました
ゴジラ卿は観終わった後に完全に燃え尽きてしまいました。


ルーカス監督の長男、次女、そして、ルーカス卿ご本人も
さりげなく映画に登場しています。(笑)
皆さんは発見できましたか?

出来れば過去のスター・ウォーズ作品を全て見てから
劇場で「エピソード3」を観る事をお薦めいたします。

スピルバーグ監督も試写で感涙したそうだが、
ゴジラ卿は感涙したかどうかは秘密です。

忍び寄る共和国崩壊の謀略とダーク・フォースの誘惑――。
アナキン・スカイウォーカーはいかにしてダース・ベイダーとなってしまったのか…。
ジェダイ抹殺最終指令(オーダー66)とは何なのか!?
パドメの死の原因とは!? アナキンの悲劇的な運命とは!?

シリーズ中のすべての謎は全て解き明かされたのか?
皆様も劇場でお確かめください。

最後に
28年間の長きに亘り、ゴジラ卿に夢を与えてくれた
ルーカス卿に感謝いたします。
しかし、スター・ウォーズ関連商品で溢れたわが家は
経済状態が破産しそうです。
ルーカス卿を恨んでいます。(泣)

※【お願い】
こちらにコメントされる方にお願いです。
2005年7月9日(土)の公開日の翌日までネタバレは書かないでください。

|

« X-PLUS ウルトラQ限定 ガメロン | Main | フィギュア王 No.89 »

「STAR WARS」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9652/4724411

Listed below are links to weblogs that reference SW「シスの復讐」先々行に行くの巻:

« X-PLUS ウルトラQ限定 ガメロン | Main | フィギュア王 No.89 »